フロントクラーク

ホテルの仕事でフロントといえば、まさにそのホテルの顔であるといえるでしょう。
そのため、フロントはホテルの仕事の代名詞であるともいえるのですが、
華やかながら繊細な対応が求められるのがフロントの仕事です。

ホテルの顔フロント

宿泊予約は利用者とホテル側のファーストコンタクトの場であるので、
ホテルの第一印象となることも多いです。
次に利用者がチェックインしてからチェックアウトするまでの間の諸対応を受け持つのフロントの仕事で、部屋割りをしたり、他部署との連携などの業務が考えられます。会計についてもフロントの仕事で、金品を扱うのでミスは許されません。

ホテルのフロント業務のやりがいについてですが、ホテルの顔なのでとにかく目立つ仕事で、ある意味ではホテルを背負い先頭に立って仕事をする仕事なので、責任重大ですが他の仕事ではなかなか感じることのできないやりがいもあります。
求められるスキルについてはホテルの質によってかなり異なってくるのではないでしょうか。世界のホテルはそれぞれランク付けされており、ランクによって対応をはじめ様々なサービスが異なってきます。
高ランクのホテルのフロントクラークともなれば、多用な言語をマスターしている語学力が求められることもありますし、一般レベルとは一線を画したマナーも必要になってくるでしょう。

マナーが非常に重要

フロントはホテルの利用者と一番接点の多い仕事でもあるので、どのランクのホテルだとしても最低限のマナーレベルは必要になってきます。さらに、ホテルのレベルに応じた語学力のスキルなどを身につけておけば、役立つことは間違いないでしょう。
また、フロントの仕事はマナーや接客を学ぶ場としても最適なので、将来性としてこれらのスペシャリストになれる可能性も十分に秘めています。

フロントという仕事はホテルの全体を把握して統制するような役目も荷っているため、ここで技術は将来ホテル以外での仕事でも役立つ応用性の高いスキルになるでしょう。ホテルを統制するという意味では、マネージャーとしての能力やマネジメント能力、管理についての能力などを高められる可能性も十分にあります。
本当の意味でマナーのスペシャリストになることができれば、将来はマナーを教える講師のような形で働ける可能性もあるのではないでしょうか。

このようにホテルの顔であるフロントは将来性についても申し分ない仕事だといえますが、その分この道を究めるには大変な努力が必要で、場を把握したり、利用者が何を思っているかを把握する洞察力も必要になってくるでしょう。
下記のページでは、実際にホテルのフロントクラークとして働いている方の話を見ることができます。
参考:フロントクラーク 福井織光さんのインタビュー

お客様に満足していただけることがやはり仕事をしている中でやりがいを感じるようです。
クレームに対しても誠実な態度で応じることが非常に重要となります。