ベルパーソン

フロントでの受付の済んだお客さんを受け持つのがベルパーソンの仕事で、電話
ベルボーイやベルガールのことを指します。
ベルパーソンになるためには、下記のサイトに書かれているように、専門学校やスクールなどに通い、勉強をする必要があります。

参考:ベルパーソンになるには?

おもてなしの心

フロント受付後のお客さんを客室まで案内するのが仕事になるのですが、この時間はとても短い時間になります。しかし、この時間はベルパーソンの仕事が集約された時間ともいえて奥が深いです。チェックインの時はこのようにお客さんを客室に案内するのですが、逆にチェックアウトの時にはお客さんをロビーまで案内することもあります。
フロントほどの華やかさはないものの、お客さんと接する時間がホテルの仕事の中でも多いので、最低レベル接客マナーは必須といえるでしょう。また、一流のホテル従業員ともなれば、ただ荷物を客室に運ぶだけの動作にも、気品やおもてなしの心が溢れ出てくるものです。

このベルパーソンの仕事は、長い間ベルパーソンとしてホテルに従事しているという人もいるのですが、新入社員の研修の場としても使われることがあります。良いホテルマンの条件として現場を見渡せる広い観察力があるというものがありますが、それを養うのにベルパーソンは最適なのです。
そのため、ベルパーソンとしての役割を与えられたならば、ただお客さんを案内したり荷物を運んだりするだけではなく、その際にフロントの対応をしっかりと確認したり、お客さんの表情や動作などから今何を思っているかなどを考えてみるのもよいのではないでしょうか。

人を見る目が養われる

将来ホテルを背負うような重要や立場を目指しているのならば、
このベルパーソンの時期に何を感じられるかによって、
その後の成長に大きくかかわってくるので、決して安易な気持ちで臨まないことです。

このようなことからベルパーソンをやって身につくスキルは、ホテル全体の仕事の流れやお客さんを観察する目だといえるでしょう。

ベルボーイやベルガールの将来性については、現場を仕切ることになるベルキャプテンになったり、場合によっては一流のホテルマンを目指すための礎になることも考えられます。ホテルの仕事全般に派生する可能性があるのがベルボーイやベルガールの仕事なので、ホテルの世界で上を目指していくような人達は決して避けて通れない道なのです。
ベルパーソン時代に何を考え何を行ったかによって、ホテルマンとしての差が出てくるので、もしこのポジションを与えられたら常に考えながら行動するとよいでしょう。