宿泊

ホテルの仕事を知りたいなら、まずホテルの主力商品である宿泊関連の仕事から知ってみてはいかがでしょう。

フロント

宿泊関連の仕事といえば、フロントの仕事を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
フロントはホテルの顔といっても良い重要なポジションにある仕事で、
ホテル利用者とのファーストコンタクトを取るのもフロントの役目です。
フロントの統制によって各役割を持つ部門が動いていくので、
フロントが働かないということはホテルの全機能を停止してしまうも同じことです。

そんなフロントからホテルの利用者を引き継ぐのがベルパーソンの仕事で、
ベルボーイ、ベルガールなどと呼ばれることもあります。
フロントにて各種手続きを済ませた利用者を客室に案内するのが役目で、
その際に利用者の荷物を運ぶのもベルパーソンの大切な役割のひとつです。
利用者が宿泊を終えてホテルを後にする時には、ロビーまで荷物を運んだり案内したりということも行い、
場合によっては荷物の管理をすることもあります。

コンシェルジュ

さらに、宿泊中の利用者の要望に応えるための専門職もあって、それがコンシェルジュの仕事です。
コンシェルジュはホテルに宿泊している人の要望を叶えることが仕事で、ある意味では究極のイエスマンと呼べるような存在ではないでしょうか。幅広い知識や柔軟性を活かして、ほとんどのお客さんの要望を叶えてくれます。
質の高いコンシェルジュの在籍しているホテルは、間違いなく利用者の満足度は高くなるでしょう。それだけに非常にやりがいがあって、難易度の高い仕事です。

これらの仕事は宿泊関連の仕事の中でも、比較的露出度の高い仕事になるのですが、
それだけでホテルが成り立つはずがありません。
ホテルの裏の顔とも呼ぶべきハウスキーピングが存在するからこそ、常にホテルは綺麗な客室を利用者に提供できます。

利用者はホテルなのだから客室が完璧な状態で提供されて当たり前と考えるでしょうが、この完璧な客室の裏側にはハウスキーピング達の確かな努力が存在しています。ホテル利用者との接点はあまりないのですが、ホテルになくてはならないサービスといえるのでやりがいは高いです。
これらのサービスがホテルの宿泊関連の仕事になってきて、質の高いホテルのサービスはこれら全てがしっかり機能してこそ成り立つといえるでしょう。

また、優秀なホテルマンを目指すならば、この宿泊関連の仕事については一通り修めていなければなりません。フロントの統制にはじまり、ベルパーソン、ハウスキーピング、コンシェルジュと繋がっていく、ひとつの流れはまさに芸術です。
ここでは、それぞれについて詳しい仕事内容や、必要となるスキルなどについて紹介いたします。

bara>>フロントクラーク
ホテルの顔とも言えるフロントクラークの仕事について。

bara>>ベルパーソン
ベルパーソンとはどのような仕事を行うのでしょうか。

bara>>コンシェルジュ
コンシェルジェという仕事がどういったものなのか紹介します。

bara>>ハウスキーピング
ホテルでのハウスキーピングの仕事とは。