調理スタッフ

グレードの高いホテルともなれば、そのホテルに宿泊したお客さんは、そのホテルならではの料理を楽しみにしているものです。そんな料理を作り上げるのが調理スタッフの仕事で、一人前になるまでには非常に厳しい道を乗り越えていかなければならない仕事です。ホテルの調理関連の全般を担当するのが調理スタッフですが、当然最初から全ての仕事ができるわけではありません。料理人の世界はどこもそうですが、一番下からどんどん修行を積み重ねて、上に這い上がっていく必要がある仕事なので、料理のセンスも当然重要ですが、それ以前に根性や根気がなければ絶対に勤まらない仕事です。

調理スタッフということで調理師の免許が必要になりますが、いくつか選択肢があって、ホテルの調理スタッフを目指す場合なら、ホテルの調理部門に補助として入るような形で、一定以上の従事期間をこえた段階で調理師の資格試験で免許を取得する、その他にも調理師学校を卒業して取得するような方法もあります。調理補助として現場に出られる環境ならば、どちらにしても長い下積み時代が待っているので、少しでも早く現場で勝手を覚えた方が良いので、現場に出ながら調理師免許の取得を目指してみるのもよいでしょう。下記のようなサイトを参考にして試験に役立てると良いでしょう。
参考:調理師免許を取得するために

ホテルといわずどこの調理関係の仕事でもそうなのですが、完全な実力の世界なので、自分の頑張り次第でどんどん上にいけるというのはやりがいのひとつではないでしょうか。逆に、腕が一向に上がらないような場合はいつまでも下積みの段階から抜け出すことができない点などには注意したいところです。

また、一流の調理スタッフになるためには、料理が上手に作れるというだけではだめで、料理を通じて自分を表現するような表現力が必要になってきます。特に一流ホテルなどになると料理の味だけではなく、見た目なども重視されるので、表現力は重要になってくるでしょう。腕一本で幅広い世界を渡り歩けるのが調理の世界なので、ホテルの調理スタッフも同様のことがいえます。自分の腕次第で何処に行っても通用するような人材として認められるので、将来性や夢という点では非常に大きなものを秘めているといえるのが調理スタッフの仕事です。

もし、ホテルの調理スタッフとして働くつもりがあるのならば、じっくり地に足をつけて、何年かかっても一人前になってやるというような覚悟も必要になってきます。とにかく長い道のりとなるので、心してかかりましょう。