ソムリエ

ソムリエは一時ブームになったこともあるような仕事ですので、知っている人も多いのではないでしょうか。ソムリエとはご存知のとおりワインに精通するスペシャリストのことをいいます。

このソムリエですが、色々な就職先があるのですが、料理を売りにしているホテルには必要不可欠な存在で、洋食も多いホテルにおいては、より料理を楽しむためにワインが必要なのです。ソムリエを目指すなら資格取得は必須で、資格試験を受けるためにはワインやその他のお酒を提供する飲食サービス業に一定期間以上従事している必要があります。ワインを飲むことによって、場にある料理をさらに美味しく楽しめるような状況を作り上げるのがソムリエの仕事だとえいるので、ワインに関する幅広い知識はもちろんのこと、料理についての知識も必要になってくるでしょう。

また、ソムリエと聞けばワインが思い浮かぶので、ワインのスペシャリストと思っている方も多いでしょうが、実際にはその他のお酒の提供についてもソムリエの仕事の範囲に入ります。そのため、ソムリエの仕事はお酒全般を知り尽くす、飲み物のプロフェッショナルであるといえるのです。とても華のある仕事なので、この仕事を目指す人はたくさん存在しますが、その道のりは厳しいものがあります。資格を取得したからといって一人前ではなく、常に向上心を持ってワインと食との相互作用を学び続けなければなりません。一人前のソムリエはマナーも一流でなくてはらならず、飲食を制し、礼儀についても制さなければならない職業なのです。

将来性についても非常に高いものを持っていて、高い技術を持つチーフソムリエのような存在になれば、大きな名誉を手に入れることができます。さらに一握りのソムリエになると、雑誌などのメディアに定期的に取材されたりすることもありますし、当然収入もそれに見合ったものを手に入れることができます。高いレベルになると名誉、収入共に申し分ないのがソムリエであるといえるので、どうせ目指すならホテルだけに留まるのではなく、一流を目指すような心構えで臨んでみてはいかがでしょうか。