パティシエ

女性にも男性にも人気がある職業なのがパティシエで、ホテルにも専属のパティシエがいることが多いです。特にレストランを持ってたり、ブライダルサービスを持っていたりする場合には、パティシエの人材確保必須なので、ホテル業界でも需要の高い仕事だといえるでしょう。

パティシエになるためには特に特別な資格が必要というわけではありませんが、仕事自体が菓子職人ということでとても専門的なものになっているので、資格は必要なくともパティシエの専門学校に通うという人も多くいます。特別な資格が必要ないということで、現場に出てからパティシエとしての仕事を学んでいくという方法もあって、これらについては自分に合ったスタイルを上手に選んでいきたいものです。

パティシエも調理の仕事ということで完全に実力主義で、上に行くにはどんどん実力を付けていかなければなりません。そのため、職場で学ぶ場合は職場で勉強したことだけを学ぶというのではなく、パティシエ全般に通じる技術を自主的に身につけるなどの工夫も必要になってくるでしょう。

仕事のやりがいとしては、菓子製造を通じて自分を表現できることや、有名パティシエともなれば多くの場所に露出する機会もあり、夢があるということでやりがいに繋がるはずです。気になるパティシエの将来性についてですが、パティシエが必要とされるような職場は年々増加傾向にあって、ホテルに限らなくとも様々な職場で働ける仕事なので、将来は明るいという見方をすることもできます。さらに、上手くその中で一握りの存在になれれば、雑誌やテレビで取材されることも珍しくはありませんし、独立なども十分に考えられる仕事です。

これらの将来性も踏まえた上で、パティシエとして働いていくなら貪欲に実力を付けていくことが大切になってきて、そうすることでよりパティシエの仕事のやりがいなども感じることができるのではないでしょうか。

また、パティシエになるためには特別資格などは必要ありませんが、パティシエとして一定以上の技術を持ったことを証明する資格ならば存在するので覚えておくとよいでしょう。その資格が菓子製造技能士などで、一定の技術レベルを証明することができる資格なので、もしかしたらパティシエとしての就職先を探す際に有利に働いてくれるかもしれません。しかし、いくらこれらの資格を持っていたとしても最終的に重要になってくるのは、やはりパティシエとしての自分の腕です。