飲料マネージャー

飲料マネージャーは、レストランマネージャーともいわれマネージャーという言葉からもわかるとおり飲食部門の責任者です。飲食部門の責任者ということでレストランマネージャーは、仕事の範囲も広いですし、大きな責任も背負っていかなければなりません。料理を作る場である厨房の管理責任についても一挙に任され、問題があった場合などはレストランマネージャーが責任を問われてしまいます。

さらに、飲食部門とフロントの連携はホテルにとってとても重要な部分ですが、これらの連携をスムーズに行えるように積極的に働きかけるのもレストランマネージャーの仕事だといえるでしょう。また、飲食部門で働く従業員達の管理も任される立場にあって、従業員の教育なども仕事の範疇に入ってきます。

このように非常に幅広い範囲の仕事をこなさなければならないレストランマネージャーなので、かなりのスキルや知識が必要になります。したがって、レストランマネージャーを任されるようになるには、ホテルサービス全般やサービス対応について修めている必要があり、ホテルに入ったばかりの人ができるようなポジションではありません。時には利用者に接し、利用者の立場になって考えることも必要ですし、従業員の立場になって考えることも必要でしょう。リーダーシップがなければレストランマネージャーに誰もついてきてくれませんし、飲食部門をまとめることもできません。かなり幅広い知識とスキルが必要なレストランマネージャーなので、ホテル業界における最終到達点のひとつといっても言い過ぎではないでしょう。

やりがいとしては、自分の指示でホテルの飲料部門が動いていく感覚を味わえることで、自分の考えひとつで飲料部門を作り上げていくことができるのです。

将来性として、このポジションで優秀な働きができるようならば、非常に高いマネジメント能力を持っているということなので、ホテル全体を仕切るようなポジションを目指せる可能性もあるかもしれません。また、他の部門から最終目標としてレストランマネージャーを目指すというのもよいでしょう。飲料部門の責任を一挙に引き受ける仕事ですが、料理だけの知識やスキルでは決して切り盛りしていくことはできないとても難しくやりがいのある仕事こそがレストランマネージャーなのです。