シェフ

ホテルの飲食関連の仕事に調理スタッフという仕事がありましたが、それらの仕事をする人達を取りまとめるのがシェフと呼ばれる人達です。ホテルやレストランの全体的な管理を任されるのがレストランマネージャーですが、このシェフはより料理に特化した管理を任されることになります。さらに、シェフは管理を任されるだけではなく、自らもスタッフとして料理を作り上げなければなりません。

第一に前提として料理について精通しており、その知識や技術を活かして魅力的な料理を作り上げれなければ、シェフの仕事は勤まりませんし、仮に勤まったとしても調理スタッフがついてきてくれないでしょう。ホテルの料理イコールシェフという考え方でもよいくらいに、自らの腕や感性がホテルの食に影響を与えるので、とても責任重大でやりがいのある仕事です。

シェフになるための資格についてですが、本来は特別な資格がなくともなれるのですが、調理師免許取得を最低条件としているようなホテルやレストランも多いため、自分の調理についての知識をアピールするという意味でも調理師の資格は取得していた方がよいでしょう。料理部門のトップでもあるので、現場全体を見渡しながら指示を出せるような観察力も必要になってきますし、トラブルなどに臨機応変に対応していく柔軟性も持ち合わせている必要があるでしょう。

また、ホテルのレストランのメニューなどを決めるのは全てシェフの仕事なので、ホテルの売上げなどにも直に関係してくるポジションです。特別メニューの考案や季節に合わせた限定メニューの提供なども全て仕事の範囲内なので、ホテルの料理部門の責任は全てシェフにのしかかってくるといってもよいくらいです。

このようにホテルの生命線のひとつであるともいえる仕事なので、そう簡単にトップシェフの座を手に入れることはできません。シェフにもランクがあって、トップランクは現場全体を見渡して統制を取る役目のシェフ、二番手のランクは実際に現場のシェフやコックなどをまとめあげ自らも積極的に調理に参加するシェフなど、ランクによって役目が異なってきます。

シェフは将来性についても高く、自分の料理のセンス次第では若いうちから活躍できる可能性もあって、一握りの存在になることができれ収入もかなりのものが見込めるでしょう。一握りの存在になれれば、当然名誉もついてくるので、就職先に困ることなどもないのではないでしょうか。また、自らの腕に自信があるのならばトップレベルのシェフになり独立を目指していくことも可能です。