The Ritz-Carlton

有名な高級ホテルとして

高級ホテルとして有名なホテルはたくさんありますが、多くの人が名前を知っている、ロゴを知っているといわれているものの1つに、リッツカールトンが挙げられるでしょう。
リッツカールトンは世界中でチェーン展開している人気ホテルです。
リッツカールトンは、マリオット・インターナショナルのホテルブランドの1つになります。
ですが、特徴的なのは、他のブランドとはまた違う運営を行っているということでしょう。

リッツカールトンの歴史は古く、高級ホテルの中でも老舗といってもいいほどの歴史を持っています。
今のリッツカールトンの本になっている、ホテル・リッツをパリに創業スタートさせたのは、1898年のことになります。
そのころから、上流階級の方たちから多くの支持を得たホテル運営になっていたそうです。

リッツカールトンホテルの特徴とは

リッツカールトンのホテルには、特徴がいくつか挙げられます。
どういった特徴があるのか、見ていきましょう。
まずは、必ずともそうだと言い切ることは出来ないのですが、もともとある建物を利用するとか、新規の高層ビルの中に、テナントとして入るという運営方法をよく用いています。
もちろん、もともとある建物を利用する際は、由緒ある建物になります。

サービスを提供することに大きなこだわりを持っているのも特徴的だといえるでしょう。
サービスの基本精神というのがリッツカールトンにはあって、そのカードを常に携帯するように教育され、運転手や配送業者までスタッフ全員が持っています。

リッツカールトンで働きたいと思ったときに、人材採用システムにも、ちょっとした特徴があることを覚えていたほうがいいでしょう。
どういったシステムなのかというと、基本的に就職する際に、その人の経歴だったり経験を重視する会社は多いように思いますが、リッツカールトンではそうではありません。

もちろん、経験や経歴を見ないというわけではないのですが、それよりも、その人の素質を重視する傾向にあります。
ですので、採用になるまでに多くの時間を費やしたという人も中にはいます。
そうやって時間をかけることで、リッツカールトンの社風というものをしっかりと理解することが出来るので、人材選びにはかなりの力をいれているのでしょう。

日本で、リッツカールトンが始めて開業したのは、大阪にあるザ・リッツ・カールトン大阪で、1997年になります。
このホテルはユニバーサルスタジオジャパンのアライアンスホテルにもなっているので、多くの人が利用しています。
内装は重厚感があって、高級なホテルと肌で実感することが出来るでしょう。
人材に力を入れているからこそ、サービスにもかなり期待が出来るホテルです。