The Peninsula Hotels

ザ・ペニンシュラホテル東京の魅力

香港&上海ホテルズが運営するホテルの1つ、ザ・ペニンシュラホテル東京ですが、東京の有楽町にあるホテルになります。
客室は全部で314室とのことなので、大きなホテルといってもいいでしょう。
スイートルームはその中で47室用意されています。
スイートルームの中でも、一番高級といわれているのが、ペニンシュラ・スイートという部屋ですが、347平方メートルもの広さを誇ります。

ペニンシュラ・スイートの広さはかなり広く、都内の中のどのホテルのスイートルールよりも広く作られています。
都内一番の広さを誇る、スイートルームということです。
もちろんのことですが、ホテルの中にはレストランの施設も充実して作られています。
メインダイニングのほかに、中華料理専門のレストランや、和食専門のレストランも入っています。

ロビーラウンジは、お茶を楽しむことが出来る施設になっています。
ペニンシュラで名物になっているアフタヌーンティを昼からは楽しむことが出来る施設になっています。

ペニンシュラホテルとは

香港&上海ホテルズがホテルの部門としてペニンシュラグループを作ったのが始まりになります。
最初に開業したのは、マニラとバンコクになります。
西洋進出を果たしたのは、1988年のニューヨークに出来た、ザ・ペニンシュラ・ニューヨークが最初になります。

最初は、リゾートホテルを目的としてスタートしたペニンシュラグループですが、今は、シティホテルの事業を大きく広げていっています。
基本的に開業していっている場所としては、中国、香港、日本、タイやフィリピンなどのアジア周辺が多くなっていて、アメリカやフランスにもたてて、その勢力を拡大していっています。

贅沢で、豪華な旅行をするときには、ホテルにもやっぱりこだわりをもちたいところです。
そういったときに、ペニンシュラホテルは、豪華で優雅なひと時を過ごすことが出来る場所になっています。

ザ・ペニンシュラ東京の魅力も、雰囲気のよさをはずしては語ることが出来ません。
利用した人の多くが、高級感のすばらしさを実感しています。

クラブ&バーがありますが、そこも高級感があって贅沢な時間をすごすことが出来るでしょう。
ホスピタリティの精神をしっかりと受け継いでいるサービスを受けることが出来るのも魅力の1つだといえます。

クラブ&バーは最上階で営業されているので、そこから見る景色のすばらしさも贅沢な時間と感じることが出来る要因の1つになっていることでしょう。
宿泊施設としてだけでなく、食事やお酒を楽しむことが出来る場としても、人気が高いホテルになっています。
ちょっと贅沢をしたい、記念日などでも最適な場所といえるのではないでしょうか。