Hylandia by Shangri-La

5つ星のホテルもあるシャングリ・ラ ホテル

アジア圏と中東を中心にリゾートホテルを展開しているのが、シャングリ・ラ ホテルになります。
最初にオープンしたのは、シンガポールになります。
有名な観光地である場所に、ホテルを展開しています。

基本的にアジア中心ですが、2003年以降、アジア以外にも進出を果たしています。
最初にアジア以外でオープンしたのは、オーストラリアのシドニーになります。
そこからカナダなどにも進出するようになり、高級ホテルとして有名でしたがさらにその名を広めることになります。

日本に初めて進出を果たしたのは、日本の首都東京です。
2009年なので、わりかし最近の話です。
基本的にターゲットにしているのは、ビジネス客というよりも、リゾート客をメインにしているところが多いです。

有名な場所、都会に建てられていることもありますが、それでもホテルの中に入れば、スパやプールなどが完備されているところが多く、都会の中にいながらも、リゾート感を味わうことが出来るようになっているのが特徴になります。

ホテルの本拠地は、中国の香港になります。
日本にとっては外資系のホテルということになります。

東京にあるシャングリ・ラホテル東京

シャングリ・ラ ホテル 東京は、名前からもわかりますが、日本の首都である東京にあるホテルの1つです。
東京駅に隣接してたっているので、ご存知の方もたくさんいることでしょう。

中にはレストラン、宴会場、チャペルや会議室、スパ、ヘルスクラブなどが用意されています。
複合ビルの中に含まれていることもあり、とても便利なホテルになっています。

客室の中には、もちろんのことですが、スイートルームも用意されています。
最高級といわれているスイートルームは、プレジデンシャル スイートと呼ばれる部屋になります。
広さは、269㎡で、かなり豪華なつくりになっています。
高さは、2フロア分もあるといわれているので、広さだけでなく、縦にもかなり豪華につられているのです。

最上階にある、2フロアはスイートになっているので、専属のコンシェルジュやチェックイン、チェックアウトができるように作られているので、贅沢な時間を過ごすことが出来るでしょう。
他にも、スイートだからこその特典として朝食やイブニングカクテルを無料で利用することが出来るというサービスも行われています。
一流のサービスを受けることが出来るのです。

ホテル内には、レストランなども入っていますので、本格的な豪華な食事をすることも可能です。
日本料理やイタリア料理の専門店が入っていたり、バーなども用意されています。
ホテルだからこそのサービスを受けることが出来るでしょう。