Banyan Tree Hotels and Resorts

バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは高級ホテルチェーン

バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは高級ホテルチェーンとして有名で、運営をしている会社は、
バンヤンツリー・ホールディングスになります。
拠点はシンガポールになっていて、基本的にアジアを中心に事業展開をしている高級ホテルチェーンになります。

初めてホテルを開業したのは、1994年のタイのプーケット島になります。
今現在はその数をふやして、全部で7カ国にわたって開業しています。
ホテルの数は11になり、これからもその数を増やしていくといわれています。

観光地やリゾート地で開業しているホテルなので、旅行の際に利用をするという人が多いホテルになります。
日本には現在、このバンヤンツリーホテルズ&リゾーツの系列のホテルはありませんが、海外旅行にいった際、旅先で利用したことがあるという人もいることでしょう。
場所は、先ほども紹介しましたが、タイのプーケットのほかに、モルディブやインドネシア、バンコクに、中国のシャングリラ、韓国など、どこも有名なところに建てられているのが特徴的です。

バンヤンツリー・バンコク

タイの首都は、バンコクですが、そこに、バンヤンツリー・バンコクは営業をしています。
旅行に行った際に、訪れたことがあるという人もたくさんいることでしょう。
このホテルは、最高級ホテルといわれており、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドというものに加盟していたこともあります。

建物自体は、60階だてと高層ホテルになります。
部屋数は216室になっています。

特徴といえば、客室が33階から上にあるということでしょう。
高層階に客室が用意されているので、どの部屋からもすばらしい眺めになっています。

最高級のホテルといわれているだけあって、ホテルの客室の内装は、どの部屋もリビングと、ベッドルームが分かれた広々としたつくりになっているのが、特徴的です。
一番狭いといわれている部屋でも、30畳近い広さがあるとのことなので、かなり広々としたつくりになっているのが、数字を見ただけでもわかります。

50階から上の階になると、バンヤンツリークラブといわれている、専用のフロアになっているのも特徴的です。
専用のラウンジが用意されており、飲み物だけでなく軽食も24時間好きなときにとることが出来るようになっています。
最高級ホテルだといわれるほどのサービスのよさ、そして、設備のよさがみてとれます。

開業をしたのは、1997年になります。
レストランも、中華料理に、バー、グリルレストランや、日本食、アジアン料理などのレストランが用意されています。
そのときの気分にあわせて、いろいろな食事を楽しむことが出来ます。
24時間営業しているレストランもあるので、いつでも食事を楽しむことが出来るでしょう。