Amanresorts

東南アジア中心にひろがるホテルチェーン

東南アジアを中心に展開をしているホテルチェーンの1つに、アマンリゾーツというホテルチェーンがあります。
このアマンリゾーツのホテルの特徴は、大きなホテルというわけではなく、小規模なホテルを展開していることにあります。
部屋数も抑えて作られているところが多いのが特徴的です。
リゾート地を中心に展開されています。

小さい規模で作られているホテルが多いのですが、なかなか贅沢な作りになっているので、それはそれで特別な時間を過ごすことが出来ます。
始まりは、1988年とわりかし最近の話になります。

まだまだ歴史は浅いですがそれでも、人気のあるホテルになっているのは、それだけいろいろなこだわりをしっかりと持っていて、ホスピタリティの精神がしっかりとしているからでしょう。

東南アジアを中心に広がっているホテルチェーンですが日本にももちろん、アマンリゾーツのホテルがあります。
最初にはじまったのは、タイのプーケットからですが、日本にも進出しています。

それだけ多くの人が、アマンリゾーツのホテルを利用して、人気があるということのあらわれなのでしょう。
日本の歴史も見ていきましょう。

日本でのアマンリゾーツの歴史

アマンリゾーツは世界いろいろな国にホテル業を展開しているところですが、中心になっている東南アジア以外に、欧米や中国にも広がりを見せていますが、日本にも、アマンリゾーツのホテルチェーンのホテルが開業して、今も多くの人が利用している人気があるホテルを営業しています。

日本にもアマンリゾーツチェーンのホテルがあります。
日本で最初に出来たアマンリゾーツのホテルは、アマン東京とよばれる東京駅から約徒歩5分のところにあるホテルになります。
大手町タワーの33~38階がホテルになっている複合ビルの中に含まれています。

33~38階というと、かなり小規模なホテルだと思われるかもしれませんが、ホテルの中はかなり充実しています。
レストランもありますし、バーもあります。
フィットネスセンターもありますし、スパもあります。

温水プールもありますし、大浴場もあります。
とてもゆったりとした時間の流れを実感することが出来るでしょう。
都会の中にあるホテルですが、都会にいることを忘れさせてくれる、そういったホテルの作りになっています。

東南アジアを中心としたホテルチェーンですが、アマン東京の内装は、和を中心にしているのが特徴的です。
そのため、やはり日本人にとっては、かなり落ち着くことが出来る空間が作られているといえるでしょう。

アマン東京は、小規模な作りにはなっていますが、もちろんスイートルームもあります。
いろいろな楽しみ方が出来るホテルになっています。