セールス

どんなに完成されたホテルであっても、その存在を人々が知らなければ、ホテルに利益は発生しません。そのような意味ではホテルの営業を担当するセールスの仕事は非常に重要な役割を持っています。

セールスの仕事は、色々な方法を使ってホテルを売り込むことで、ホテルの特徴や特色をしっかりと把握して、魅力的な紹介方法にて売り込みをかけていく必要がある仕事です。シェフがどんなに素晴らしいメニューを作り上げても、ハウスキーピングがどんなに優れた客室を作り上げても、プランニングがどんなに魅力的な企画を打ち出しても、上手くそれをアピールできなければ全く意味がありません。セールスはそれらのホテルが持っている特徴をより多く人達に伝えて、ホテルと利用者を繋ぎ合わせる役目を荷っているといえるでしょう。

セールスの仕事内容によっては、ホテルの売上げに大きな差が出てくるので、セールスが狙うのは比較的大口の顧客です。独自の情報網やパイプを駆使して、旅行会社からの団体客を獲得したり、特定企業の福利厚生の一環としてホテルを利用してもらったり、忘年会や新年会の各種イベントをホテルで行ってもらったりします。

営業の仕事は顔の広さが重要になってきますが、当然ホテルの営業をするセールスの仕事も顔は広いにこしたことがありません。独自の人脈を駆使してホテルに大きな売上げをもたらした時は鼻高々でセールスとしての仕事のやりがいを感じる瞬間ではないでしょうか。ホテルに大きな利益をもたらすような大口の顧客を狙っていくということで、大口を狙って仕留めるような嗅覚も必要になってきますし、営業をかける際の巧な話術も必要になってくるでしょう。

セールスの仕事は上手く大口の顧客を手に入れることができれば、ホテルに大きく貢献でき楽しみややりがいを感じることができるのですが、現実はそう甘くはない世界です。これだけ世の中に多くのホテルがあるので、どこのホテルのセールスも大口の顧客獲得を狙っているのです。また、すでに他のホテルが入り込んで、自らに入り込む余地がない場合もあるので、地道に営業をかけるような根気も必要になってきます。

セールスの仕事の将来性についてですが、大きな実績を残すことができれば、ホテル業界に留まることを知らず、多方面からのオファーが来るのではないでしょうか。良い営業マンはホテルもそうですが、どこの会社も喉から手が出るほど欲しいはずなので、セールスとして高いレベルの地位を確立することができれば将来は安泰でしょう。実際にホテルの優秀なセールスが他の企業からヘッドハンティングをされるようなこともあります。