日本外国語専門学校

母国語以外の言語を学ぶことの大変さ

これまでどのくらいの方が外国語の勉強をしてこられたでしょうか。
幼少期から英語塾に通って身につけてきた方もいらっしゃるでしょうし、独学で身につけた方もいらっしゃるでしょう。
また、英会話教室に通って学ばれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、日本語を学ぶにあたって、何か勉強をしたり、習い事をしたり、という方は日本人にはいらっしゃらないはずです。
生まれついた時から音として聞き、理解し、声を発して伝えることを当たり前にしてきたのではないでしょうか。
しかし、日本以外の言語になると途端にどう学べば良いのか分からなくなってしまいます。

それがビジネスなどになると更に難解になってくるのは、通常に日本で生活していても同じだと分かる事と思います。
また、日本と違って文化もマナーも異なる国は沢山あり、国際交流に関わる仕事をしたい方は日本を飛び出して海外留学をし、現地を肌に感じるほか方法が見つからないと思っていらっしゃるのではないでしょうか。
勿論「習うより慣れる」という言葉もあるようにその国で生活してみるのが一番良い事なのかもしれません。

しかし、そこから始めるとなるとビジネスまでにたどり着くには相当な努力と時間が必要になります。
まずその国の言語を理解し、生活できるようにまでなってから、ビジネスやマナーについて学ぶ。
これではいつ国際社会で通用するようになるのか分からず、途中で挫折したくなる事もあるかも知れません。

専門分野を勉強しながら学ぶ

今回は外国語を学びながら専門知識を深く学び、ビジネスにも通用する即戦力となる人材を育てる専門学校のご紹介です。
世界に通用する英語を中心に、他の言語を学ぶことが出来る学科や、翻訳科、航空会社やツアーコンダクター、ホテル、ブライダルなどのビジネスごとに分かれ、その基礎からプロを育成。

その他の職種にも通用する英語+ビジネススキルを身につける学科や、留学をして実際に現地で学ぶというコースなど、あらゆるジャンルに分かれています。
これからはワールドワイドに活躍できる場が広がってくる時代ですので、少しでも興味があれば学んでおいた方がきっと自分の視野も広がる事でしょう。

また、語学やマナーの勉強と同時に様々な資格も取得することが可能ですし、それが自信にも繋がり、就職する際にも有利になります。
更に、社会で実践する前にその分野の仕事を体験できるインターンシッププログラムもありますので、実践においての基礎や応用の力試しをする事も出来ます。
そしてそこで学ぶことにより社会との関わりを肌で感じる事が出来るので、更なる自信に繋がること間違いなしです。