ホテルニューオータニ

東京都心にある広大な敷地を持つ高級ホテル

ホテルニューオータニは、千代田区紀尾井町という都心にありながら、広大な敷地を持ち、由緒ある日本庭園に囲まれた、都会の喧騒に縁のない空間を持ちます。

個性あふれる多数の各種料理を提供するレストランや100店以上にも上る魅力あふれるショッピングアーケード、郵便局にクリニックなどを備え、まるで1つの街であるかのような機能を持っています。
利用できる最寄りの公共交通機関の駅は、四ツ谷駅.・赤坂見附駅など4駅もあり、観光やビジネスの拠点に至便の立地です。

2007年には、建物のの11~12階の2フロアに「ホテル・イン・ホテル」と位置付ける超高級スペース「エグゼクティブハウス“禅”」をオープンさせるなど、進化を続けるホテルです。
「エグゼクティブハウス“禅”」は“禅”をコンセプトに、「侘び・寂び」をベースとして現代に合うようコーディネートして、快適なくつろぎ空間を目指したものです。
専任のスタッフが置かれ、まさに単に贅沢を超えた非日常の異空間で、驚くとともにくつろげるところが不思議です。

東京オリンピック時に開業した戦後復興のシンボル

1964年に開催された東京オリンピックに合わせて、海外の賓客が宿泊できる国際ホテルとして「ホテルニューオータニ」は誕生しました。

「帝国ホテル東京」などと合わせて、ホテル「御三家」と呼ばれる日本資本の超高級ホテルです。
元々は東急グループが外資のヒルトンホテルと提携して東京にホテルを開設しようとしていました。
その際の候補の一つに選定された用地に、ニューオータニ創業者の大谷米太郎が開設したのが、ホテルニューオータニ・チェーンの中核である、紀尾井町の「ホテルニューオータニ(東京)」です。

各種の逸話を残す「ホテルニューオータニ」

このホテルは、小説や映画の舞台になったことでも知られています。
森村誠一の小説(ヒットしてのち映画化)の「人間の証明」では、ホテル最上部の「回る展望台レストラン」の影がストーリーの重要なポイントになっています。

また、全世界でヒットを続ける洋画の人気シリーズ、スパイ映画「007は二度死ぬ」では、悪の組織の日本の拠点の本社ビルとして建物が使われました。
創業者の大谷米太郎は元相撲力士だった関係で、相撲関係者の結婚披露宴はじめ様々なイベントにも使われています。

国内・海外へチェーン展開

国内では、北海道、信越、首都圏、九州などにチェーン展開しています。
また、海外でも、アメリカ(ハワイ)、中国などに展開しています。
やや海外展開には消極的にも見えますが、日本流の「おもてなし」は日本国内でというのが良いので、「和」のブランドを安易に海外で提供しないほうがいいと思います。

ホテルオークラ

「御三家」と呼ばれる老舗高級ホテル

1962年にオープンしたホテルオークラ東京は、国内では「老舗ホテル」に入り、「帝国ホテル東京」、「ホテルニューオータニ」と合わせて、ホテルの「御三家」と呼ばれている高級ホテルです。
創業者の大倉財閥の大倉喜七郎は公職追放により帝国ホテルを出ることになり、華族としての地位も奪われます。

それでも、日本の伝統美で海外のゲストを迎え入れようとの強いポリシーを持ってホテルオークラを開業させました。
「最後の男爵」としての大倉のプライドや「帝国ホテルを超えるホテルを作る」という決意を込めて設立されたホテルであると言えます。

宿泊施設のみならず総合施設となったホテルオークラ東京

ホテルオークラ東京は、東京都港区にあります。
1980年代には米国や英国の金融系雑誌で世界のベストホテルとして世界第1位や2位に輝いたことも数回あります。

客室数380室、宴会場14、各種レストランやバー7、その他にフィットネスクラブや美容室、写真室等を備える総合施設となっています。
設立のコンセプト通り、世界の貴賓をもてなすホテルオークラ東京は、世界中の著名人にそのサービス、くつろぎの空間が愛され続けています。

また、国内の顧客にも自分たちはホテルオークラで挙式を上げたので娘にもぜひここで…と希望する方も多いです。
「日本の伝統美」を基礎に置きながらも、最高の味を探求して進化する料理に、確かな品格と新しいスタイルの両立が伺えます。

従業員教育の質の高さには定評があり、スタッフの礼儀正しさと、おもてなしの心で気持ちよく接してくれます。
部屋は特別ではありませんが、十分広く、清潔で快適に清掃が行き届いています。
ただ、個人的にはバスタブがもう少し広いとBESTなんですが。
特に、ロビーは広く豪華で、日本の伝統の美を意識していて、座っているだけで贅沢な気分に浸れます。

また、ホテル内のレストランも、美味しいだけでなく、接客も素晴らしい対応で、一流ホテルの一流レストランという感じで良いですね。
クリスマスなどのイベント時には、お得なキャンペーンも用意されていますので、時々HPをのぞいてみるといいです。

現在国内外に展開中

2010年にはオークラがJALホテルズを子会社化していますが、2015年にホテルオークラとJALホテルズの両グループは、ホテルグループの運営機能を統合しました。
それぞれのホテル施設の名前には、「オークラ」あるいは「ニッコー」が付いたままですが、運営会社は「オークラニッコー・ホテルマネジメント」と言います。

1973年にホテルオークラが別館を建てていますが、その別館は日本航空の創業者の松方邸の敷地に作られていますので、古い縁に結ばれた企業同士だったのかもしれません。
同社は、国内では特に関東を中心に国内主要都市に展開しています。
またアジアを中心に、海外へも積極的に展開しています。

帝国ホテル

日本の迎賓館だった歴史あるホテル

19世紀に誕生した帝国ホテル東京は、現在まで脈々と「おもてなし精神」が受け継がれており、帝国ホテルに関する本は何十冊と出版されているほどです。
帝国ホテルは1890年に、迎賓館として建てられ、初代会長は日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一です。

渋沢が残した「必要なら世界のどんなモノでも調達する」という趣旨の言葉は現在も語り継がれています。
ホテル業界の専門家たちも東京のベストホテルと絶賛する、日本の高級ホテルの名門中の名門と言ってよいでしょう。

サービスの質の高さだけでなく、「バイキング」「ビュッフェ」という食事スタイルやホテルで挙げるウエディング、ランドリーサービスなど、帝国ホテル発のサービスは現在も日本中の各地で定着しています。
東京都心という恵まれた場所・立地で、スタッフ数1800人、客室数900以上、宴会場20以上、各種のレストラン・バー・ラウンジ約20とバラエティ豊富で、使いやすさにも配慮されています。

多彩な活躍の場

帝国ホテルは、通常のホテルと同様に、個人旅行、団体旅行、ビジネス利用、結婚式や研修と幅広く使われています。
特筆すべきは国際会議で利用され、それに対応できる体制を持っていることは帝国ホテルが持つ大きな強みです。

海外資本の高級ホテルが次々と国内に進出する中で、このようなメイド・イン・ジャパンのホテルはむしろ異彩を放っているように思えます。
日本代表としてのプライドを持ち続けてほしいと願います。

東京オリンピックの2020年以降を見据えた人材育成

新入社員が入り、ちょっとやそっと職場研修をしても、帝国ホテルのサービスを実現できるわけではありません。
まずは、あいさつや返事など基本的なことがきちんとできるか、からスタートします。
押付けがましくなく、ちょっと離れた立ち位置で、わが家に帰ったかの様に居心地よく過ごせるようなサービスを提供できるスタッフに育てられます。

サービス力アップにつながった帝国ホテルの挑戦

2012年に開催の国際通貨基金・世界銀行総会で国際会議の主要施設として、帝国ホテル全館が1週間貸し切りで使われました。
世界各国の財務相や中央銀行総裁が一堂に集結したため、様々な国の料理の準備が必要です。

このため、通常にはない問い合わせや財務省との打ち合わせを重ね、宿泊、会議、パーティを無難に運営するという至難の業を経験しました。
このような経験を積み重ねて、ホテル自体が成長してきたと支配人は語ります。

スタッフの細やかな心配り

帝国ホテルの客室清掃スタッフが使う言葉に、「鼻から入る」という言葉があります。
この意味は、部屋清掃に入ったら、自分の鼻が匂いに慣れてしまわないうちに、しっかり嗅ぎ取り異常がないかを感知するという意味です。
また車の送迎スタッフは、車の番号をメモしておき、ドアを開けるときには、「○○様いらっしゃいませ」と名前で呼べるようにするなど、心配りを挙げたら枚挙にいとまがありません。

Starwood Hotel

世界最大規模を誇るホテル・レジャー企業

世界最大規模のホテル・レジャー企業「スターウッドホテル・リゾートワールドワイド株式会社」は、北米、アフリカ、アジア太平洋州、ヨーロッパなどまさに世界規模で展開する大型のホテルチェーンです。
アメリカ・スタンフォードにその本部はあります。

「ウェスティン」、「シェラトン」など10にも及ぶ高級なブランドで構成されるホテルチェーンで、ホテル名を聞いてもこれはスタンウッドだと気が付く人は少ないでしょう。
日本にはなじみが薄くまた施設の数も少ないのですが、東京、京都、大阪を始め20ほどの施設があります。
東京であれば、港区にある「シェラトン都ホテル東京」、目黒区にある「ウィンスティンホテル東京」などがあります。

スターウッドの歴史

今から100年前にユナイテッド航空の持株会社にあたるUALインクが、ウェスティンを系列の1つとし、勢力を拡大していました。

1980年代末、日本のバブル期に日本の青木建設が一度、ウェスティン株の一部を取得したのですが、1990年代に入りバブル崩壊のあおりで、ウェスティン株は手放され、不動産投資家のスターウッド氏の手に渡ります。

スターウッド氏は既に数多くのホテルを所有していましたが、これに満足することはありません。
更に、勢力拡大を狙い、スターウッド氏は1998年にウェスティン株の全てを、続いてシェラトン株のすべてを取得し、世界指折りの巨大なホテルチェーンの基礎が出来上がったのです。
そして、系列の6つのブランドのホテルを合体させ、「スターウッドホテル・リゾートワールドワイド」が産声を上げたのです。

「シェラトン」が買収された理由

「ウェスティン」の合併相手先のホテルとして「シェラトン」を選択した理由は2つあったと言われています。

①数の論理
スターウッド氏は、航空会社などに普及しているような「会員制の組織」の拡充が、多数の顧客獲得への近道だと考えていました。
そのためには、世界中の各都市のいたる所に系列ホテルが存在することが必要です。
ウェスティン以上に世界各地にホテル施設を有する「シェラトン」をグループ化できれば、十分な軒数で世界展開ができると考えたのです。

②投資の必要性
世界が急速にIT化し、インターネットが普及することを見据え、今こそコンピュータシステムに投資してシステムを確立したうえで、グローバルに展開することが成功に導くと考えていました。
IT化はまさに大量の情報処理に適しており、規模を大きくして事業展開することに向いているのです。

「カスタマー・イズ・ベスト」の理念も息づく

この巨大ホテルチェーンの誕生の経緯を見ると、利益の追求が前面に出てくるのですが、「カスタマー・イズ・ベスト」という顧客第一主義でも有名なホテルチェーンでもあります。

安眠を現代科学で分析し、「ヘブンリーベッド」と呼ばれる独自のベッドを開発して導入したり、各スタッフへの接客指導には定評があります。

park hyatt Hotel

新宿の隠れ家的な高級ホテル

新宿駅からは少し距離のある場所に位置するパークハイアット東京は、独特の雰囲気をもつ超高級ホテルです。
1994年の創業当時、長い回廊を通り抜けた奥にあるチェックインスペースで顧客がゆったりとチェックイン手続きをする風景が驚きで伝えられました。
また、日本に居ながら本場アメリカの雰囲気そのままの、レストラン「ニューヨークグリル・ジランドール」は、現在に至るまでセレブやトップエリート達に愛され続けています。

パークハイアット東京は、創業以来20年余り施設や部屋などスタイルを大きく変えていません。
「革新」を目指す同系列のグランドハイアット東京とは違うコンセプトです。
外資系の超高級ホテルとしては既に老舗ともいえるパークハイアット東京の変わらぬ魅力についてご紹介します。

創業時より考え抜かれたデザインの一貫性を守る

建物自体は丹下健三氏の手によるデザインです。
ホテル内のインテリアや照明などは、創業以来一貫してモーフォード氏が全てをデザインしています。
モーフォード氏のデザインは時代を超越しており、考え抜かれて作り込まれているので、時間がたっても、古さを感じさせません。

考え抜かれて作られた当初のデザインには大きな変更を加える必要がないそうで、テレビがブラウン管から薄型テレビに移行した際のボードの作り替えや、インターネットの普及に応じたLAN関連工事など、細かな修正のみだそうです。

グリーンを基調とするパークハイアット東京

パークハイアットは各国にホテルを持ちますが、基調とする色はそれぞれ違うのだそうです。
ホテルがある場所により、最適な別々のデザイナーが選ばれ、その文化や風土に合うデザインでホテルが作られます。

パークハイアットはどこで泊っても「この雰囲気が基調です」、と言う訳ではなく、このパークハイアットはこんな雰囲気という個性を出しているのですね。
ちなみにパリのパークハイアットのロビーは鮮やかなピンクのカーペットだそうですが、花の都パリにふさわしいカラーであるという判断なのでしょう。

コンセプトの違い

「日々革新」を目指す同系列の六本木のグランドハイアット東京が、ディスコイベントのような新しいサービスを開始するのとは対照的ですが、パークハイアットが新しいものを目指さないという訳ではありません。

そこが、立地する地域によって特色を出すということなのかもしれません。
六本木は躍動感のある若い街で、顧客は、「毎日の驚き」を求める方が多いのでしょう。
一方、パークハイアット東京のある新宿の方は「心地よさ」を求めて利用されるのです。
どちらがいいとか悪いという優劣の問題ではなく、顧客がどういう雰囲気求めているかでコンセプトを作っているのです。
さすがは顧客目線のホスピタリティを重視する高級ホテルですね。

Fairmont Hotels & Resorts

フェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツの魅力

フェアモント・ホテズル・アンド・リゾーツは、高級ホテルチェーンの1つになります。
フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナルという会社の傘下に入っています。
今現在、世界の15か国で、フェアモントのホテルが経営されています。

フェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツという名前でスタートしたのは、1999年のことになります。
カナディアン・パシフィック・ホテルズというカナダの会社が、アメリカのフェアモント・ホテルズを買収したことがきっかけになります。
国際的なホテル展開を考えて、買収したホテルの名前を引き継ぐ形をとったそうです。

今現在は、キングダム・ホテルズ・インターナショナルという会社に買収されたことによって、その傘下に入るという形になっています。
いろいろな買収をへて、今の形になっていますが、大きなホテルチェーンということにかわりはないでしょう。
ホテルが運営されている都市はいくつかあって、アメリカのニューヨーク、中国の上海、イギリスのロンドンと、かなり大きな都市で、事業を展開しています。

カナダの歴史を実感することが出来るホテル

カナダに旅行に行くという日本人もたくさんいます。
多くの人が、カナダに旅行に行くほど、有名な歴史的な観光地があるカナダですが、そのカナダにも、フェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツのホテルが開業していて、多くの人が今現在も利用しています。

ランドマークとして、そびえたっているホテルもあるのが特徴的で、街のシンボル的なものになっているといっても過言ではありません。
とても魅力的な外観で、もちろん、外観だけでなく、内観も素敵で贅沢な時間をすごすことが出来る空間になっています。

魅力的なのは、格式高い伝統を感じることが出来ること、そして、世界的な価値を持っている建物であるということでしょう。
立地条件が優れていることも魅力の1つになっています。
カナダ国有の鉄道の敷設にたずさわってきているので、国全体をつなぐパイプ役になっているといってもいいホテルになります。

高級ホテルだからこそ、5つ星の栄光をつかんでいるホテルになります。
その外観の威厳さなどをみてみても、5つ星に納得できるサービスを提供してくれています。

歴史的な観光地だったり、自然公園など、カナダの代表的な場所にフェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツのホテルがたっているので、多くの人が利用しやすい、そして、最高のサービスを受けることが出来る場所になっています。
ホテルとしての歴史も古く伝統的なホスピタリティの精神が受け継がれてきているホテルの最高のおもてなしを実感する事が出来るでしょう。

Best Western Hotels

世界最大規模のホテルチェーン

世界最大規模のホテルチェーンとして、有名なのがベストウエスタンホテルです。
ベストウエスタンホテルがある国の数は、100カ国にわたりますし、ホテルの数は、なんと4200軒以上になるそうです。

もともと発祥の地になっているのは、アメリカで、今現在も、数はアメリカが一番多く1900軒ほどあるといわれています。
ヨーロッパも多く、1500軒ほどといわれているので、多くの人が利用したことがあるホテルになっているのではないでしょうか。

ベストウエスタンホテルは、3つ星の中級クラスのホテルが多く展開されているホテルグループになります。
ですので、高級ホテルには手が届かないけど、ある程度の安心できるホテルに泊まりたい、安宿には泊まりたくないと思っている方などからの支持があついそうです。

もちろん、3つ星の中級クラスのホテルが中心にと書きましたが、もちろん3つ星だけでなく、5つ星の高級ホテルといわれるようなホテルも展開しています。
いろいろな幅の方に利用してもらうことが出来るホテルグループだといえるでしょう。

日本での展開の仕方

日本でも、全国各地にベストウエスタンホテルがあります。
高山や長崎に始まり、高知、和歌山、大阪などにもあります。

首都圏で初のベストウエスタンホテルが開業されたのが、2008年のことになります。
新宿に、ベストウエスタン新宿アスティナホテル東京という名称でオープンしました。
2015年では、ベストウエスタンホテルは、日本に14軒も営業しており、多くの人が、利用しやすいホテルになっています。

観光地など、あまり高すぎるホテルには泊まれないけど、ある程度の安心感はほしいとか、ある程度おサービスはやっぱり期待したいというお客様などにかなり好評を得ているようです。
日本の各地にホテルが展開されているので、いろいろな旅行先で、同じベストウエスタンのホテルを利用するというファンの方もいるようです。
ホテルによって違いますが、シングルルームやツインルーム、和室をそろえているところもあるので、それぞれにあわせた部屋をチョイスすることが出来るのも魅力の1つといえるでしょう。

シングルの料金だと、1泊1万円以下に抑えることも出来る部屋もたくさん用意されているので、できるだけ出費をおさえたいと思っている旅行者にも人気があります。
レディースシングルを用意しているホテルもあるので、そういったところだと、女性でも安心して泊まることができるでしょう。
自分にあった、部屋と料金を選ぶことが出来るので、多くの人が利用できる、だからこそ、世界最大規模のホテルグループになることが出来たのではないでしょうか。

Banyan Tree Hotels and Resorts

バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは高級ホテルチェーン

バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは高級ホテルチェーンとして有名で、運営をしている会社は、
バンヤンツリー・ホールディングスになります。
拠点はシンガポールになっていて、基本的にアジアを中心に事業展開をしている高級ホテルチェーンになります。

初めてホテルを開業したのは、1994年のタイのプーケット島になります。
今現在はその数をふやして、全部で7カ国にわたって開業しています。
ホテルの数は11になり、これからもその数を増やしていくといわれています。

観光地やリゾート地で開業しているホテルなので、旅行の際に利用をするという人が多いホテルになります。
日本には現在、このバンヤンツリーホテルズ&リゾーツの系列のホテルはありませんが、海外旅行にいった際、旅先で利用したことがあるという人もいることでしょう。
場所は、先ほども紹介しましたが、タイのプーケットのほかに、モルディブやインドネシア、バンコクに、中国のシャングリラ、韓国など、どこも有名なところに建てられているのが特徴的です。

バンヤンツリー・バンコク

タイの首都は、バンコクですが、そこに、バンヤンツリー・バンコクは営業をしています。
旅行に行った際に、訪れたことがあるという人もたくさんいることでしょう。
このホテルは、最高級ホテルといわれており、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドというものに加盟していたこともあります。

建物自体は、60階だてと高層ホテルになります。
部屋数は216室になっています。

特徴といえば、客室が33階から上にあるということでしょう。
高層階に客室が用意されているので、どの部屋からもすばらしい眺めになっています。

最高級のホテルといわれているだけあって、ホテルの客室の内装は、どの部屋もリビングと、ベッドルームが分かれた広々としたつくりになっているのが、特徴的です。
一番狭いといわれている部屋でも、30畳近い広さがあるとのことなので、かなり広々としたつくりになっているのが、数字を見ただけでもわかります。

50階から上の階になると、バンヤンツリークラブといわれている、専用のフロアになっているのも特徴的です。
専用のラウンジが用意されており、飲み物だけでなく軽食も24時間好きなときにとることが出来るようになっています。
最高級ホテルだといわれるほどのサービスのよさ、そして、設備のよさがみてとれます。

開業をしたのは、1997年になります。
レストランも、中華料理に、バー、グリルレストランや、日本食、アジアン料理などのレストランが用意されています。
そのときの気分にあわせて、いろいろな食事を楽しむことが出来ます。
24時間営業しているレストランもあるので、いつでも食事を楽しむことが出来るでしょう。

The Peninsula Hotels

ザ・ペニンシュラホテル東京の魅力

香港&上海ホテルズが運営するホテルの1つ、ザ・ペニンシュラホテル東京ですが、東京の有楽町にあるホテルになります。
客室は全部で314室とのことなので、大きなホテルといってもいいでしょう。
スイートルームはその中で47室用意されています。
スイートルームの中でも、一番高級といわれているのが、ペニンシュラ・スイートという部屋ですが、347平方メートルもの広さを誇ります。

ペニンシュラ・スイートの広さはかなり広く、都内の中のどのホテルのスイートルールよりも広く作られています。
都内一番の広さを誇る、スイートルームということです。
もちろんのことですが、ホテルの中にはレストランの施設も充実して作られています。
メインダイニングのほかに、中華料理専門のレストランや、和食専門のレストランも入っています。

ロビーラウンジは、お茶を楽しむことが出来る施設になっています。
ペニンシュラで名物になっているアフタヌーンティを昼からは楽しむことが出来る施設になっています。

ペニンシュラホテルとは

香港&上海ホテルズがホテルの部門としてペニンシュラグループを作ったのが始まりになります。
最初に開業したのは、マニラとバンコクになります。
西洋進出を果たしたのは、1988年のニューヨークに出来た、ザ・ペニンシュラ・ニューヨークが最初になります。

最初は、リゾートホテルを目的としてスタートしたペニンシュラグループですが、今は、シティホテルの事業を大きく広げていっています。
基本的に開業していっている場所としては、中国、香港、日本、タイやフィリピンなどのアジア周辺が多くなっていて、アメリカやフランスにもたてて、その勢力を拡大していっています。

贅沢で、豪華な旅行をするときには、ホテルにもやっぱりこだわりをもちたいところです。
そういったときに、ペニンシュラホテルは、豪華で優雅なひと時を過ごすことが出来る場所になっています。

ザ・ペニンシュラ東京の魅力も、雰囲気のよさをはずしては語ることが出来ません。
利用した人の多くが、高級感のすばらしさを実感しています。

クラブ&バーがありますが、そこも高級感があって贅沢な時間をすごすことが出来るでしょう。
ホスピタリティの精神をしっかりと受け継いでいるサービスを受けることが出来るのも魅力の1つだといえます。

クラブ&バーは最上階で営業されているので、そこから見る景色のすばらしさも贅沢な時間と感じることが出来る要因の1つになっていることでしょう。
宿泊施設としてだけでなく、食事やお酒を楽しむことが出来る場としても、人気が高いホテルになっています。
ちょっと贅沢をしたい、記念日などでも最適な場所といえるのではないでしょうか。

The Ritz-Carlton

有名な高級ホテルとして

高級ホテルとして有名なホテルはたくさんありますが、多くの人が名前を知っている、ロゴを知っているといわれているものの1つに、リッツカールトンが挙げられるでしょう。
リッツカールトンは世界中でチェーン展開している人気ホテルです。
リッツカールトンは、マリオット・インターナショナルのホテルブランドの1つになります。
ですが、特徴的なのは、他のブランドとはまた違う運営を行っているということでしょう。

リッツカールトンの歴史は古く、高級ホテルの中でも老舗といってもいいほどの歴史を持っています。
今のリッツカールトンの本になっている、ホテル・リッツをパリに創業スタートさせたのは、1898年のことになります。
そのころから、上流階級の方たちから多くの支持を得たホテル運営になっていたそうです。

リッツカールトンホテルの特徴とは

リッツカールトンのホテルには、特徴がいくつか挙げられます。
どういった特徴があるのか、見ていきましょう。
まずは、必ずともそうだと言い切ることは出来ないのですが、もともとある建物を利用するとか、新規の高層ビルの中に、テナントとして入るという運営方法をよく用いています。
もちろん、もともとある建物を利用する際は、由緒ある建物になります。

サービスを提供することに大きなこだわりを持っているのも特徴的だといえるでしょう。
サービスの基本精神というのがリッツカールトンにはあって、そのカードを常に携帯するように教育され、運転手や配送業者までスタッフ全員が持っています。

リッツカールトンで働きたいと思ったときに、人材採用システムにも、ちょっとした特徴があることを覚えていたほうがいいでしょう。
どういったシステムなのかというと、基本的に就職する際に、その人の経歴だったり経験を重視する会社は多いように思いますが、リッツカールトンではそうではありません。

もちろん、経験や経歴を見ないというわけではないのですが、それよりも、その人の素質を重視する傾向にあります。
ですので、採用になるまでに多くの時間を費やしたという人も中にはいます。
そうやって時間をかけることで、リッツカールトンの社風というものをしっかりと理解することが出来るので、人材選びにはかなりの力をいれているのでしょう。

日本で、リッツカールトンが始めて開業したのは、大阪にあるザ・リッツ・カールトン大阪で、1997年になります。
このホテルはユニバーサルスタジオジャパンのアライアンスホテルにもなっているので、多くの人が利用しています。
内装は重厚感があって、高級なホテルと肌で実感することが出来るでしょう。
人材に力を入れているからこそ、サービスにもかなり期待が出来るホテルです。