ホテルの仕事

様々な種類のホテルの仕事

ホテルでの仕事と言うと、皆様はどのような仕事を思い浮かべるでしょうか。
フロントクラークにベルパーソン、シェフやコックのようなものが一般的な人達が思い浮かべるホテルの仕事ではないでしょうか。しかし、ホテルにはフロントやベルパーソン以外にもたくさんの仕事があり、多く人達に支えられてやっと運営できるのがホテルであるといえるのです。どうせホテル関連の仕事を目指すならば、どのような仕事があるのかをしっかり知った上で仕事を探しを始めるのがよいのではないでしょうか。

ホテルには非常に幅広い仕事があるので、これだけ範囲の広いホテル業界ならば、
自らのぴったりの仕事がひとつくらいは見つかるのではないでしょうか。
先ほどもフロントクラークという言葉を出しましたが、フロントクラークはまさにホテルを代表する仕事だといえるでしょう。テレビドラマなどで題材にされることも多いですし、私達がホテルに入った時に一番に顔を合わせるのもフロントでしょう。
ホテルの顔と呼ぶのに相応しいのがフロントです。ベルパーソンもホテルの中では比較的認識されている仕事で、ホテルのフロントから客室に向かうまでの間の荷物持つや案内をしてくれる仕事です。

他にもホテルを利用している間はベルパーソンのお世話になることも多いため、頻繁にホテルを利用する人ならばとても馴染み深い仕事なのではないでしょうか。これらは一般的に宿泊部門と呼ばれるような仕事に属する人達で、宿泊部門で働く人達の仕事にはコンシェルジュやハウスキーピングというものもあります。
コンシェルジュは、宿泊中のホテル利用者の要望をできるだけ叶えるための専門職で、VIPへの対応などの時にも大活躍します。ハウスキーピングはホテル最大の商品のひとつである客室に関係する仕事で、客室をお客さんに売れる状態を保つのが仕事で、そのための最終チェックなどもハウスキーピングが責任を持って行わなければなりません。
ホテルの利用者の前には出ることは少ないのがハウスキーピングですが、宿泊というものを売りにするホテルにおいては絶対になくてはならない存在です。

ブライダル部門

宿泊と共にホテルの売りとなるのがブライダルですが、このブライダル部門で働く人達にも様々な仕事があります。
最高の結婚式を作り上げるためには、ウェディングプランナーの存在は必要不可欠で、様々な工夫を凝らして利用者と一緒に最高の結婚式を作り上げられるように努力します。結婚式や披露宴の当日には、大勢のお客さんが会場に押し寄せることになりますが、バンケットサービスやテーブルコーディーネイターもその際には重要や役目を果たします。
会場に来てくれた方に魅力的なテーブルを提供するのがテーブルコーディーネイターの役目で、テーブルの上に何気なく置かれているグラスや食器類なども全て、テーブルコーディーネイターによって全体との調和がとれるようにコーディネイトされたものなのです。

さらに、結婚式や披露宴に参加してみるとわかりますが、料理や飲み物が良いタイミングで運ばれてくると感じたことはありませんか。このように快適に食事を楽しめるのはバンケットサービスがいるからで、彼らがチームワークと抜群の観察力を発揮し、テーブルの料理や飲み物が途切れないように配慮してくれているのです。

介添人もブライダルには必要な人材で、新郎新婦の結婚式当日のお世話をしてくれる仕事です。きめの細かい対応が求められるのが介添人で、新郎新婦が不自由しないように付き従い様々なサポートをします。結婚式には魅力的な料理がたくさん出てきますが、結婚式関連の料理を含む、ホテル全体の料理を司っているのがシェフをはじめとする、飲食部門のスタッフ達です。シェフやレストランマネージャーを筆頭に、調理スタッフ、ソムリエ、パティシエとそれぞれが高い専門技術を持ったスタッフが、それぞれの役目をしっかり果たしてこそ、魅力的な料理は出来上がります。

これまでに紹介してきたような人達の仕事によってホテルという商品が作り出されますが、その商品に+αの価値をつけたり、その商品を売り出したりする仕事もホテルの中にあります。営業や管理の仕事になり、プランニングがセールスがこれらに当てはまります。このようにホテルには様々な仕事があるので、ホテルの仕事を目指すならば、これくらいの仕事については詳しく知っておきたいものです。別ページに仕事ごとの詳細を紹介したページがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

bara>>宿泊
ホテルの宿泊サービスに関する仕事について。

bara>>ブライダル
結婚式に関する仕事もホテルにて行うことがあります。

bara>>飲食関係
ホテルにて料理等を作る仕事について紹介します。

bara>>営業・管理
ホテルにも営業や管理・企画の仕事などがあります。